TOP > 箱屋のコラム > ジュエリーの歴史

ジュエリーの歴史

いつの時代も女性に愛され続けるジュエリー。そんなジュエリーはいつ頃から存在していたのでしょうか。

ジュエリー(宝飾)の始まりは?

ジュエリーの歴史

ジュエリーは驚くほど古代からあると伝えられています。太古から存在しており、その当時は貝や羽を使い飾っていました。しかし、破損しやすいため、現存しているものはとても少ないです。

貝や羽などを使い飾りつけ始めた理由は、「階級を示した」「連帯責任の意識を持つ」「お守り」など様々な説がありますが、その中でも神秘的な力を持つお守りとして使っていた説が有力だといわれています。現代のように、科学や宗教で物事の判断が難しかった時代だからこそ、理解しがたい力に対抗すべく、神秘の力に頼っていたのでしょう。

日本におけるダイヤモンドジュエリーの広まり

ジュエリーの歴史

ダイヤモンドジュエリーが日本に上陸した当時は、残念ながら女性が身につける機会は少なかったようです。しかし、1860年代になると上流階級の間で次第に認知度が高まり、ファッションとして身につけ始める人が増えました。そして、その流れを察知したマスコミがダイヤモンドの話をとり上げ、ファッションとしてダイヤモンドジュエリーが広がっていったのです。

ちなみに、指輪をつけた日本女性の写真や絵画が流通したのも、実はこの時期だと伝えられています。また、廃刀令が決まった以降、宝飾関係へ転職する職人が少なからずいたことも、新しいジュエリー文化の発展に繋がったと言われています。さらに、結婚指輪にダイヤモンドが定番になったのは1970年代です。こうした時代の流れとともに、女性に愛されるダイヤモンドジュエリーが広まっていったのです。

そして、そんな神秘的なジュエリーを大切に保管するために宝飾品ケースがあります。洗練された宝飾品ケースはジュエリーをより魅力的にします。

宝飾品ケースの作製なら

オリジナルの宝飾品ケース作製なら弊社にお任せください。弊社では宝飾品ケースをはじめ、ポーチ、各種パッケージなどの企画・製作、販売を行っています。創業して50年以上オーダーを承ってきたノウハウを武器に、お客様により良いご提案をいたします。桐箱の製造など、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

ジュエリーケース・アクセサリーケースなどの宝飾品ケース、貼り箱など各種パッケージ製造・販売【谷村産業株式会社】 概要

会社名 谷村産業株式会社
所在地 〒661-0964 兵庫県尼崎市神崎町3番5号
電話番号 06-6499-1777
FAX 06-6499-6564
メールアドレス info@tanimura-sangyo.com
URL http://www.tanimura-sangyo.com/
業務内容 ジュエリーケース(宝飾品ケース)などのパッケージの企画・製造・販売
説明 ジュエリーケースやアクセサリーケースをはじめ、ジュエリーポーチ・貼り箱など様々なパッケージを製造・販売している谷村産業株式会社です。ペーパーボックスのオメガケースなどの定番商品から、カツラケースなども取り扱っております。オーダーメイドにも対応しておりますので、豊富な金型を使用した安価な作製から、一から金型を作る完全オリジナル商品までお任せください。桐箱や貼り箱、紙箱を安価に製作したい、ギフトボックスが欲しい、少ないロットで購入したいなど、様々なニーズにお応えしておりますので、お気軽にご相談ください。
日本
都道府県 兵庫県
市区町村 尼崎市神崎町