TOP > 箱屋のコラム > 桐箱について

桐箱について

桐箱に入っている商品は格式が高いイメージがありませんか。桐箱は、中に入っている物の魅力を引き出すこともできます。そんな不思議な魅力のある桐箱について紹介します。

桐とは

桐はゴマノハグサ科キリ属の落葉高木です。他の樹木よりも成長が早い桐は、木材として使用するために古くから日本で栽培されてきました。桐は大きな葉が特徴的な木で、初夏には薄紫の花を咲かせます。欧米では、その花が美しいと鑑賞して楽しまれているようです。

桐の特性

桐は古くから家具や日用品の材料として使用されてきました。それは、桐の特性がすばらしく、様々なものに加工しやすかったからだとされています。 桐には虫を寄せ付けない成分が含まれています。そのため、衣類を保管するタンスや美術品、宝石などを収納するための箱などに使用されています。

また、桐は他の木材に比べてとても軽く、持ち運びに便利だとされています。さらに、優れた調湿効果があり、腐食に強く耐熱性が高いので大切なものを保管するのに適しています。桐のすばらしさは、特性だけではありません。芸術性にも優れており、保管しているものを引き立てる高級感も兼ね備えているのです。

ギフトパッケージ製作やギフトボックス製作を承っている弊社では、桐箱のオーダーも承っております。
創業から50年以上、様々なケースやパッケージを製造してきたノウハウを活かして、お客様の満足頂けるパッケージやギフトボックスを製造いたします。是非、パッケージのオーダーでしたら弊社にお任せください。これまで、真珠用ネックレスケース、お念珠用ケース、かんざし入れ、へその緒ケースなどの桐箱を製造しておりますので、桐箱に関することで気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。